Comment and reflection for the closing of the 3rd UN WCDRR

IMG_7856[1]

Download the full text here (PDF, 498 KB).

18th March 2015

3回国連防災世界会議閉幕に際してのコメント

Comment and reflection for the closing of the 3rd UN WCDRR

 

2015防災世界会議日本CSOネットワーク

Japan CSO Coalition for 2015 WCDRR

 

第3回国連防災世界会議に向けて結成した日本の104のNGO/CSO(市民社会組織)ネットワークである「2015防災世界会議日本CSOネットワーク」(略称:JCC2015)は、国連防災世界会議の成果を以下のように評価します。私たちは、今日ここに同席している世界のNGOネットワークが発表する声明にも賛同し、「リアリティ・チェック:災害は政治の産物」というスローガンを共有するものです。

 

Japan CSO Coalition for 2015 WCDRR (JCC2015), a Japanese network with 104 members reflects the outcome of the 3rd UN World Conference on Disaster Risk Reduction (WCDRR) as follows.  Furthermore, we express solidarity to key messages and statements by all networks present today, and share the slogan of “Reality Check: Disasters are not man-made, but political”.

 

1.           肯定的に評価すべき点

1.             Positives

 

このたび採択された新しい防災枠組に、「自然災害および人為災害」が含まれ、原発災害や産業災害が対象となることは極めて重要な進歩です。特に、ワーキング・セッション「技術的災害:リスク軽減から復旧へ」(3月14日開催)において、事故が起きないという安全神話から決別して事故を想定した対策を進めることが重要である、と内閣府の防災担当者が発言したことは大きな変化の兆しと捉えています。また、閣僚級会合「災害からの復興:ビルド・バック・ベター」(3月15日開催)において、複数の国の大臣が原発災害や産業災害に言及したことは、人為災害に国際社会が積極的に対応する必要性を示しています。

 

We observe great progress in inclusion of industrial disasters / nuclear disasters as part of the scope of post-2015 framework on DRR.  Significant shift was observed when the representative of Cabinet Office of the Japanese Government has indicated “clear break-away” from nuclear safety myth during “Technological Hazards: From Risk Reduction to Recovery” (14th March).  Several ministers of other countries have also commented on industrial and nuclear disasters during Ministerial Roundtable on “Reconstruction after Disasters: Build Back Better” (15th March), and it shows the need for international community to reaffirm its commitment and response against such man-made disasters.

 

2.        今後の注目点と期待

2.             Key points for the future and expectation

 

しかしながら、本会議における安倍晋三内閣総理大臣のスピーチが原発災害にほとんど触れなかった、と複数のマスメディアが批判している通り、私たちは、原発の「安全神話」から脱却するための政治的意志が後退している、と捉えています。日本を含めた先進国は、自国内の原発建設が減速する一方で、途上国への原発輸出を一層進めるために、輸出側・輸入側ともに再び「安全神話」を復活させる懸念があります。途上国に住む最も脆弱な人々、特に、原発周辺に住む人々が福島やチェルノブイリでの経験を十分に共有できるよう、また、UNISDRやその他の国連機関が速やかに取り組めるよう、各国政府が積極的に協力しなければなりません。

 

Nevertheless, some media criticize Japanese government and Prime Minister Abe Shinzo’s speech that there was hardly any mentioning of the nuclear disaster, which we observe as a retreat of political wills.  There is a concern that ‘safety myth’ will again be created in order to expedite the exporting and importing of nuclear power plants to developing nations, by developed countries where reduction of nuclear power plants is observed.  It is critical that UNISDR or other relevant international organizations, with the support of concerned governments, to start the work to ensure sharing of lessons from Chernobyl and Fukushima to the vulnerable population in developing nations. 

 

3.        強調したい点

3.             Our emphasis

 

「3.11 東日本大震災」の経験を通じて、UNISDRを始めとする国際社会に対して私たちが訴えたいことは、住民や市民団体、消防団や公立学校、地方自治体などの防災に関する多数の関係者が普段から連絡を密にして対応策を立て、災害に備えることです。そのための前提として、原発や工場などで生じる災害のリスクに関する情報を、政府や関係組織が積極的に開示すること、そして、そうした情報や対応策を関係者が適切に理解できるように災害教育や避難訓練を日常的に行うことです。第3回国連防災世界会議と平行して行われた「市民防災世界会議」で採択された「市民防災世界宣言」においても、教訓を風化させず、今後の備えにつなげる点が特に強調されました。

 

Major advocacy point to UNISDR and international community from us, who experienced the 3.11 disaster, is to enhance risk reduction by close collaboration between different stakeholders, including community groups, civil society organizations, voluntary fire-fighters, public schools, local governments, and many others.  In doing so, risk assessment and disclosure of risk around nuclear power plants and factories should be done by the government and related organizations, and it is pre-requisite to enhancing risk reduction efforts.  And, such information and response plans should be taught within DRR education and evacuation drills appropriately in a language that community members understand.  The Global Conference on DRR for Civil Society, which ran in parallel to the 3rd UN WCDRR, adopted a statement that lessons should be remembered and communicated so that risk reduction and preparedness are enhanced in the future.

 

4.        国際協力に関する日本政府への要請

4.             Our request to Japanese government on international cooperation

 

このたびの新しい枠組策定に関する交渉が難航した理由の一つが「国際協力」です。災害大国としてこれまで3回の国連防災世界会議を自国内で開催してきた日本政府は、こうした対立を人道主義の立場から大胆に乗り越え、今後防災に関する取り組みをハードとソフトの両面で進め、草の根レベルに至る国際協力を積極的に行うこと、あるいは支援することで、世界の議論をリードしていくことを、日本に住む市民として心から期待します。

 

One of the negotiation points towards the post-2015 DRR framework was how international cooperation will actually be carried out in the future. We, as citizens of Japan, would like to call Japanese government to lead and facilitate overcoming of such difference from humanitarian perspective, and take proactive steps to promote and assist international cooperation in DRR field that impacts local grassroots level. 

(以上)

(END)