堂本暁子・共同代表の就任について

このたび、JCC2015の共同代表に、男女共同参画と災害・復興ネットワーク代表の堂本暁子氏が就任いたしました。

堂本氏はジャーナリストとして活動し、日本新聞協会賞・放送文化基金賞・民間放送連盟賞などを受賞後、1989年〜2001年に参議院議員として環境基本法、生物多様性条約、NPO法、情報公開法、介護保険法などの立法・審議に関わり、1992年の「環境と開発に関する国連会議(通称:リオ・サミット)」にも参加、その後、2001年〜2009年まで千葉県知事を務めました。現在、男女共同参画と災害・復興ネットワーク代表として、男女共同参画の視点からの災害に関する立法、法改正を求めて活動を展開しています。

就任にあたって堂本共同代表からのご挨拶:

2015年3月の第3回国連防災世界会議に向け、国際的にも国内的にも大詰めの時期を迎えています。ジェンダーとDRR(災害リスク削減)、そして日本政府と市民団体との連携・協力について、尽力したいと考えています。私にとって、JCC2015の”CC”は、まさに “Chance and Challenge” です。

9901_02_data