【受付中】 12/5開催:第3回国連防災世界会議 先行イベント -マルチセクターの防災-

来年3月に開催される『第3回国連防災世界会議 in 仙台』に向け、日本のCSO約 100団体が参加する「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」では、 12月5日(金)の夜、一般向けに内閣府・外務省と共催イベントを実施します。

公開シンポジウムでは、日本政府代表団・民間企業・CSO・東北被災地からのパ ネリストが「マルチセクターの防災」をテーマに話し合います。また、JCC2015 として準備を進める「市民防災世界会議」の発表や、フクシマの経験を伝えるた めのグローバルな取り組みについてもご紹介する予定です。

お誘い合わせの上、ぜひ奮ってご参加ください(要事前予約)。

当日、USTREAMにて、生中継を行います。JCC2015チャンネルから、ご覧下さい。

=============================

JCC2015・内閣府・外務省共催シンポジウム
第3回国連防災世界会議 先行イベント-マルチセクター防災力―

【日時】2014年12月5日(金)午後6時30分~8時30分

【場所】日比谷コンベンションホール(日比谷公園内 日比谷図書文化会館 B1F)

【開催趣旨】私の防災、わたしたちの防災

2015年3月に仙台市において「第3回国連防災世界会議」が開催される。今後の世界的な防災指針が採択される重要な会議であり、日本政府がホスト役となり東日本大震災からの復興や防災に関する取組みを、世界各国から参加する政府代表団・国際機関・民間企業・学識経験者・市民社会組織(CSO)、そして被災者自身が学びあう場となる。

この会議に向けて、日本・海外で緊急災害支援やボランティア等で活動する多様な主体が、東日本大震災での「自助・公助・共助」の経験を共有し、今後各地で予想される災害にどのように取り組めばよいのか、また、市民防災の力とはどういう事なのかをパネリストと一緒に会議参加者が考える機会とする。

【 内 容 】

  • 「第3回国連防災世界会議」とは?
  • ワルストロム国連事務総長特別代表(防災担当)からのビデオメッセージ
  • シンポジウム「マルチセクターの防災」
  • 『市民防災世界会議』開催発表
  • フクシマを世界に伝えるグローバルプロジェクト発表 など

【パネリスト】 ※その他追加パネリストも現在交渉中!

  • 堂本暁子 男女共同参画と災害・復興ネットワーク代表、JCC2015共同代表、元千葉県知事
  • 奥村早苗 ピースボート災害ボランティアセンター石巻事務所
  • 紅邑晶子 せんだい・みやぎNPOセンター代表理事
  • 齋藤馨 内閣府 政策統括管[防災担当]付 参事官[普及啓発・連携担当]
  • 田村政美 外務省 国際協力局 地球規模課題総括課長

【お申込み】

こちらの申込フォームからお申し込みください。

【参加特典】

来場された皆様には、防災世界会議公式グッズ(ポスター、缶バッジ、ピンバッジ)いづ れか一点をプレゼント!

【 共 催 】

2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)/内閣府/外務省

【 後 援 】

第3回国連防災世界会議仙台開催実行委員会/防災からまちづくりを考える実行委員会

【お問い合わせ】

JCC2015(2015防災世界会議日本CSOネットワーク)
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター内
TEL:03-5292-2911 FAX:03-5292-2912
WEB:http://jcc2015.net/
 MAIL:jcc_event@jcc2015.net(担当:堀内)